Bruno Rotival & David Shever

Publié le



キャビネ・ド・キュリオジテ - 05

写真展『ブリュノ・ロティヴァルのシャルトリューズ』

 

20 年以上前から、ブリュノ・ロティヴァルは修道院のみを

撮り続けている。修道僧たちは彼を信頼し、

いまだかつて誰もカメラのレンズで捉えることの

できなかったものを撮らせるようになった。

そのような修道院の中でも最も閉鎖的かつ神秘的な

修道会シャルトリューズ。グルノーブル近郊に建立された1084 年以来、神の為に世俗との完全な断絶を望む

人間たちを受け入れ続けている。

この展覧会によって、彼らの内なる世界に

入り込んでもらいたい。

 

* 奥のカフェテリアで、修道会の日常を捉えた映画『le grand silence 』(158 分)を 上映しています。何かありましたら、事務局にお尋ねください。

 

『チベットの真実』

Tibetan Realities

 

私は、長年にわたり、チベットから亡命した友人たちから楽しい思い出とともにカタ(チベットの白い絹の布、スカーフ)を受け取ってきた。また、チベット仏教の教えからは、貴重な洞察力を感じ取ってきた。彼らは、私が、より良い、自覚ある人生をおくる為の手助けとなっている。

この展覧会は一つの試みであり、まだ不十分だけれども、彼らへの恩返しとなればと思っている。

 

 

                                     デービット シーバー


Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article